メガネ情報部

困った!メガネが似合わない・・・
コンタクトがつらい・・・徹底的にコンサルティングしてくれるメガネ屋さんに行ってみた!

更新日 PR:株式会社武田メガネ

WEBの仕事をしている筆者。最近仕事の量が増えて忙しいというのに、目の調子が悪い。このままだと仕事に支障が・・・。
長時間装着しているコンタクトがつらいのだが、(乾くし、痛いし、疲れる…)メガネが似合わないので、我慢してパソコン作業をしている。

メガネのフレーム選びも、自分の目の健康についても、どうしたらいいかわからず途方に暮れていたところ、会社の同僚に勧められて行ってみたのが武田メガネ。
「親切・ていねい」をモットーにしているとのことだが、予想以上に悩みに応えてくれて大満足したので、急きょ取材して記事を書かせてほしいとお願いした。

徹底的なカウンセリング。
メガネは状況に合わせて複数必要?!

まずは、コンタクトとメガネをどういう状況でどのくらい使っているか、詳しくカウンセリングしてもらった。
一人ひとりの生活や状況、悩みに合わせてメガネを作ることが大事なのだそう。
コンタクトメインだと、近視である筆者の場合はメガネの度数は弱めにした方が目に優しいらしい。
また、普段使いとパソコン用でメガネを使い分けたほうが良いそうだ。

近くのものが見えすぎたり、メガネとコンタクトの見え方に大きな差があると、目の負担になるというわけだ。

それと、年齢とともに疲れやすくなる目をいたわる目的でメガネを上手に使ってほしいとのこと。

ファッションではなく用途でメガネを着替える必要があるのだ。

眼科の視力検査と違う!
適正な度数のための、丁寧な視力検査

目の幅を測定後、正確な度数を出すための様々な検査を繰り返し行ってもらった。
度数が標準になればよいわけではないらしく、
例えばメガネでの視力が1.0になれば良いわけではないらしい。
ブレをなくしていく微調整によって快適なレンズが決まるのだ。

「ブレを無くしていく検査手順は、正確な完全矯正値を導き出す手法なんですよ。カウンセリングによって生活環境にフィットした度数設定を導き出し、快適なレンズが決まります」とお店の方。

割愛するが、「検査も含めてメガネに関する知識を定期的に勉強するようになっているんです」とお店の方が色々なことを教えてくれた。

フレーム選びは理論だけじゃない。
一人ひとりの個性に合わせて似合うメガネを

いよいよフレーム選びだが、自分の顔がコンプレックスで緊張した。

フレーム選びは好きなデザイン+輪郭、顔幅などで選ぶのが一般的だが、
それに加えて自分の人柄、性格や「他人にどう見られたいか」を詳しく聞いてくれて、決めていった。

武田メガネにはオシャレで上質な有名ブランド(ポール・スミスなど)のフレームも多くて、選ぶのに迷った。

専用アプリで細かくフィッティング&掛かり具合の微調整で自分にだけフィットするメガネを

フレームが決まって終わりかと思いきや、事前に掛かり具合の調整をしてもらった。今までは受け取りの時にしていた気がするので聞いてみると、事前のフィッティングで掛かり具合を確認してからレンズを組み込むと、より見え方の最適化やかけ心地の追求が出来るのだそう。

その後、専用アプリで顔とフレームのフィット具合を計測した。
レンズの種類にもよるとの事だが、これを行うことで最適なレンズ設計を選ぶことができるという。単に度数を丁寧に決めるだけでなく、さらに最適化を図る色々なツールがあることにメガネ選びの進化、デジタル化を肌で感じた。

一人ひとり目や耳の位置も違うし、鼻の高さも違う。視力も異なるし、どんなライフスタイルなのかも異なる。
それを踏まえて、流れ作業ではなく、一人ひとりのお客様と丁寧に向き合うことを大切にしている姿勢が伝った。

ここまで徹底的にメガネ選びのコンサルティングをしてくれるお店はなかなかない。

この感動を是非より多くの人に体験してほしい。